新宿区 債務整理 弁護士 司法書士

新宿区在住の人がお金・借金の相談をするならコチラ!

借金が返せない

借金が多すぎて返済がつらい…。
多重債務を抱えているので、債務整理したい…。
もしもそう考えているなら、一刻も早く司法書士や弁護士に相談を。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、督促がSTOPしたり、毎月の返済が減額したり、等という色々な恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所・法律事務所もたくさんあります。
ここでは、新宿区にも対応している、お勧めの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
また、新宿区の地元にある法務事務所・法律事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にしてみてください。
借金の問題は、自分だけではなかなか解決できません。
弁護士や司法書士の知恵・知識を借りて、解決への糸口を見つけましょう!

新宿区の人が借金・債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

新宿区の借金返済・債務解決の相談なら、ココがお勧め。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している法律事務所。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の取り立てをSTOPすることも可能。
過払い金、任意整理、個人再生、自己破産、など、債務に関して無料で相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付することができるので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、債務や過払いの悩みが相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに適したやり方で借金問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、減額報酬・和解成功報酬などを一切支払わなくてよいため、安く解決することができます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人も安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので新宿区にお住まいの方も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



新宿区周辺にある他の法律事務所や法務事務所の紹介

他にも新宿区には複数の弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●米川司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目17-6
03-3362-7990

●藤沢司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目23-10
03-3366-5335

●リリーフ(司法書士法人)
東京都新宿区四谷2丁目9
0120-428-001
http://reliefer.jp

●竹下司法書士事務所
東京都新宿区舟町1-12 MKビル 7F
03-3359-9841
take-law.net

●新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿1丁目19-6 山手新宿ビル 9F
03-3343-3984
http://shinjuku-law.com

●東京司法書士会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 2F
03-3353-9191
http://tokyokai.jp

●西新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿3丁目5-3
03-5908-4858
http://nishi-shinjuku-law.com

●東京新宿法律事務所
東京都新宿区新宿2-5-10
03-5919-2760
http://shinjuku-law.net

●司法書士法人JOネットワーク | 登記 供託 相続 会社設立 起業
東京都新宿区 新小川町5-1 ニューリバー51ビル4F
03-3269-9180
http://jo-net.or.jp

●内藤新宿法律事務所
東京都新宿区新宿1丁目31-3 ダイアパレス新宿1丁目220
03-6457-4671
http://nsbengo.com

●諏訪司法書士事務所
東京都新宿区三栄町7番地3
03-5363-8970
http://office-suwa.jp

●小野寺事務所
東京都新宿区西新宿8丁目5-3
03-3363-6621
http://sogo.onodera-office.net

●弁護士法人泉総合法律事務所 新宿支店
東京都渋谷区代々木2丁目6-9 第2田中ビル4階
03-5365-7025
http://springs-law-shinjuku.com

●司法書士たかやま事務所
東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿 レイフラット新宿6F
03-5363-7466
http://takayama-office.com

●日本司法書士会連合会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 3F
03-3359-4171
http://shiho-shoshi.or.jp

地元新宿区の弁護士・司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、心理的に相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

多重債務に新宿区に住んでいて困っている方

消費者金融やクレジットカード会社などからの借入れ金で困っているなら、きっと高額な金利に困っているのではないでしょうか。
借金をしてしまったのは自分ですので、自己責任だから仕方ないでしょう。
ですが、複数のキャッシング業者やクレジットカード業者から借金していると、額がふくらんで、とてもじゃないけど返済するのは難しくなってしまいます。
毎月の返済では金利しか返済できていない、という状況の方もいるのではないでしょうか。
ここまで来てしまうと、自分一人の力で借金を完済することは無理でしょう。
借金をキレイにするために、司法書士や弁護士に相談すべきです。
どうすれば今の借金を全部返せるのか、借金を減らせるのか、過払い金はあるか、等、弁護士・司法書士の知識を貸してもらいましょう。
お金の問題の解決は、相談するのが始めの一歩です。

新宿区/債務整理のデメリットはどんなものか|債務整理

債務整理にも多くの手口があり、任意で消費者金融と交渉する任意整理と、裁判所を介した法的整理である自己破産又は個人再生などの類が在ります。
じゃあこれ等の手続きについてどんな債務整理デメリットがあるでしょうか。
これら三つのやり方に同様にいえる債務整理のデメリットと言うのは、信用情報にその手続きをした事が掲載されるということです。俗にいうブラックリストと呼ばれる状況になるのです。
すると、大体5年〜7年程、カードがつくれなかったりまた借入ができない状態になったりします。しかしながら、あなたは返金に日々苦しみ抜いてこれらの手続をおこなう訳ですので、もうしばらくの間は借入しない方が良いのじゃないでしょうか。じゃローンカード依存にはまり込んでいる人は、むしろ借金ができない状態なる事によりできなくなる事によって救われるのじゃないかと思われます。
次に自己破産または個人再生の債務整理デメリットですが、官報にこれ等の手続をやった事実が記載されてしまうという点が挙げられます。だけど、貴方は官報など見た事が有るでしょうか。むしろ、「官報ってどんなもの」という方のほうが多数ではないでしょうか。
実際のところ、官報は国がつくるする新聞に似たようなものですけれど、闇金業者等の極一定の方しか見てないのです。ですから、「自己破産の事実が友達に広まった」などということはまずもってないでしょう。
最終的に、破産特有の債務整理の欠点ですが、1度自己破産すると7年間、再び自己破産は出来ません。そこは十二分に用心して、2度と自己破産しないように心がけましょう。

新宿区|借金の督促って、無視したらマズイの?/債務整理

みなさまがもし消費者金融などの金融業者から借入をして、支払の期日にどうしてもおくれたとしましょう。その場合、先ず必ず近い内に業者から借入金の催促メールや電話が掛かって来るだろうと思います。
督促の連絡を無視するということは今では容易です。業者のナンバーだと事前にキャッチ出来れば出なければよいです。そして、その催促のコールをリストアップして拒否する事が可能ですね。
とはいえ、其のような手段で一時的に安堵したとしても、其のうち「支払わないと裁判ですよ」などという様に催促状が届いたり、若しくは裁判所から訴状や支払督促が届くと思われます。その様なことになったら大変なことです。
ですので、借り入れの返済期限にどうしてもおくれたら無視をせずに、真面目に対処していきましょう。消費者金融などの金融業者も人の子です。ですから、少し位遅延してでも借金を払う気持ちがある顧客には強気な手段を取ることはおおよそないでしょう。
それじゃ、支払いしたくても支払えない場合はどうしたらよいのでしょうか。予想どおり何回も何回もかかって来る督促のコールをスルーする外はなにも無いのだろうか。其の様なことはないのです。
先ず、借り入れが払えなくなったら直ぐにでも弁護士に依頼又は相談しないといけないでしょう。弁護士さんが介在したその時点で、消費者金融などの金融業者は法律上弁護士の方を介さず直に貴方に連絡をとることが出来なくなってしまいます。貸金業者からの支払の要求の連絡が止まるだけで内面的にとても余裕ができるのではないかと思われます。また、具体的な債務整理の手段等は、その弁護士の方と話合い決めましょう。

関連するページの紹介